ノルレボは通販

ノルレボは安全に購入出来ます

ノルレボと消退出血の関係について

ノルレボは緊急避妊薬、つまりアフターピルとして処方される医薬品です。

ノルレボの服用は排卵遅延を招くことがあります。

次回月経までの間にセックスが行われると妊娠阻止率が低下することを念頭に置いておきましょう。

そのような危険を回避するために、ノルレボ錠を服用した翌日から低用量経口避妊薬を服用する方法をとることもあります。

この場合、低用量経口避妊薬の実薬服用終了後数日しても消退出血がなければ妊娠を疑いましょう。処方してもらった医療機関で受診することをおすすめします。

なお、ノルレボを服用しても妊娠を阻止できない場合、あるいはその翌日から低用量経口避妊薬を服用したとしても、胎児に影響が及ぶことはありません。

理想的には、性交後72時間以内にできるだけ速やかにノルレボを服用する必要があります。

やむを得ぬ事情で72時間を超えてしまった場合は、120時間までであれば服用が薦められています。

もちろん、その際には、性交後からノルレボの服用までの時間が長くなると避妊効果が減弱することは納得しておきましょう。

また、妊娠経験がある女性であれば、性交後120時間以内であれば銅付加子宮内避妊具を使用することもあります。

緊急避妊法として、性交後72時間以内にノルレボを服用した場合の妊娠阻止率は、日本で行われた臨床試験の結果からは81%と報告されています。

たった一回の緊急避妊薬の使用に伴う避妊効果とは比べられないほどに、低用量経口避妊薬の避妊効果が確実であることは明らかです。

避妊に失敗した時だけノルレボを服用するというような使い方は推奨されていません。

中絶の現状です。10代の頃は特に、経済的や精神的な余裕から出産にいたるよりも中絶を選ぶ事が多く、妊娠したうちの半数以上の65%ほどは中絶を選んでいます。

日本における中絶件数は、年間約290,000件ほどで、年々減少傾向にあります。

世界的に見ると中絶件数は年間4500万件を超えていて、そのうちの約2000万件は安全でない方法で中絶が行われているとされます。


>>ノルレボの正規品を安心して購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ