ノルレボは通販

ノルレボは安全に購入出来ます

ノルレボの飲み合わせ注意について

緊急避妊薬のノルレボを服用すると、排卵を止めることができます。

排卵されないということは、受精することが不可能となりますので、赤ちゃんができません。

ノルレボは、性交から72時間以内に摂取するというもので、服用する時間が早ければ早いほど、避妊できる確率を高くすることができます。

もし受精や排卵がされたとしても、使用方法に基づいてノルレボを摂取すれば、子宮内膜の増殖を抑制する効果があります。

子宮内膜が増殖されないということは、受精卵が着床しにくい状態になるということです。

ノルレボは、飲み合わせに注意すべき薬はあるのでしょうか。

テグレトール(カルバマゼピン)、てんかんの治療薬であるアレビアチン・ヒダントール(フェニトイン)やフェノバール(フェノバルビタール)、結核の治療薬のリファジン(リファンピシン)などは飲み合わせがよくありません。

ノルレボをせっかく服用しても、避妊効果が十分に発揮されない可能性が高まってしまいますから、気をつけましょう。

治療薬以外にも、ノルレボとの飲み合わせがよくないものが健康食品の中にあります。

セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と飲み合わせた場合、避妊効果が弱まってしまうかもしれません。

ノルレボを病院やクリニックで処方されたときは、できるだけ早く服用するように心がけましょう。

摂取するまで間隔を開けない方が、避妊効果が高くなるからです。

処方する医師から、診断の結果を踏まえて適切な用量や用法が正しく指導されるでしょうが、一般的には2錠投与されます。

ノルレボは優れた薬ではありますが、服用したからといって確実に避妊ができるとは断言できません。

摂取しても、妊娠するケースもありますので、医師に支持に従って再度受診し、結果を確かめることが必要です。

緊急避妊薬は、例えば低用量ピルを飲み忘れてしまったり、コンドームなどの避妊具が破れたときなどの緊急時の措置ですから、確実な方法で避妊をすることが大切です。


>>ノルレボの正規品を安心して購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ