ノルレボは通販

ノルレボは安全に購入出来ます

ノルレボと風邪薬の同時服用について

ノルレボと風邪薬の併用は問題がないとされています。

ノルレボは「アフタービル」専用の医薬品です。

ノルレボは性交後72時間以内に2錠(1.5mg)を服用することで避妊効果を発揮します。

現在使用されている低用量ピルは「卵包ホルモン」と「黄体ホルモン」、つまり月経にかかわるホルモンを配合した医薬品です。

副作用として「基礎体温の上昇」や「だるさ」などがありました。

また、低用量ピルは喫煙者が服用した場合、血栓(血液が固まって血管をふさぐこと)ができる可能性があります。

ノルレボは健康保険適用外の医薬品です。

一般名は「レボノルゲストレル」といって、合成黄体ホルモンです。

ノルレボは産婦人科で受診後に処方される医療用医薬品薬ですから、ドラッグストアでは購入できません。

商品名では「オーソM-21」「シンフェーズT28」「トラディオール21」または「トラディオール28」などが現在発売されています。

そのため価格は各医療機関によって異なるのですが、一般の方が購入できる金額であると思われます。

ノルレボは産婦人科医師の管理のもとで使用することが望ましいでしょう。

欧米では10代の女性には無料で緊急避妊薬の低用量ピルをもらうことのできる国もあります。

緊急避妊薬とは望まない妊娠を避けるために緊急的に使用する薬です。

しかし世界的にも必要な薬であることは間違いありませんので、必要と思われる方は産婦人科医師に相談するようにしましょう。

ノルレボはは1999年にフランスで初めて承認され、現在は世界50カ国で承認を受けています。

WHO(世界保健機関)では緊急避妊の必須医薬品、エッセンシャルドラッグと呼ばれるカテゴリに指定されています。

日本では避妊用の低用量ピルが1998年にはじめて発売されました。

日本はピル後進国で、低用量ピルによる避妊成功確率が高いことが昔からわかっていたのですが、「ホルモン剤」と聞くと「副作用が怖い」「妊娠できなくなるのではないか?」という根拠のない迷信が先行し、長い間避妊用低用量ピルは使われてこなかったのです。

ノルレボ錠は黄体ホルモンのみの避妊用ピルで、黄体ホルモンのみのピルは今まで日本において承認されていませんでした。

今回ノルレボが承認されるまでにも紆余曲折がありました。


>>ノルレボの正規品を安心して購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ