ノルレボは通販

ノルレボは安全に購入出来ます

ノルレボ利用で排卵日を把握していない場合

排卵日は、日頃から自分で基礎体温表をつけていると、いつぐらいか把握することができます。

ノルレボは、服用することによって排卵を止める効果があるので、避妊することができるという薬です。

赤ちゃんは受精することで授かりますが、排卵されなければ受精することはありません。

もし排卵されて受精した場合でも、ノルレボの効果は子宮内膜の増殖を抑制してくれるので、着床しにくい環境を作り、避妊の効果を発揮します。

基礎体温表は毎日体温を測らなければならないので、つけている女性ばかりではありません。

自分の排卵日がいつなのか、分からないという女性も多いでしょう。

ノルレボの緊急避妊が必要な状況になるのは、一定の異性と関係を持ったときとは限らず、中にはレイプされた場合などという不測の事態もあります。

特定の交際相手がいない時期などは、特に基礎体温表で排卵日を把握していないでしょう。

避妊できなかったとき、排卵日かどうか判断がつかない場合は、ノルレボを服用するべきなのでしょうか。

排卵日か判断がつかない日程は、緊急避妊を行うべき日ということになります。

予想外の妊娠が分かるときというのは、高い確率で排卵日ではないと思っている日が多いためです。

ノルレボを服用したら、85%の確率で避妊の効果があるといわれていますが、絶対的なものではありません。

月経がくれば、避妊に成功したということになります。

月経の予定日とは関係ない日に、ノルレボを摂取してから数日後、少量ではありますが出血があるケースもあるのですが、それとは別に予定日通りに月経がくるでしょう。

予定日通りに月経がこなくて、もし1週間経過しても生理がないようでしたら、妊娠していないか検査が必要です。

陽性反応が出たときは、早めに医師の診断を受け、もし陰性反応が出ても月経がこないようでしたら、そのときも病院で診てみもらってください。

ノルレボは、妊娠を確実にしたと分かってから服用しても、72時間以内でもありませんし、避妊効果は現れません。


>>ノルレボの正規品を安心して購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ