ノルレボは通販

ノルレボは安全に購入出来ます

ノルレボと着床出血の関係性

性交から72時間以内にノルレボを服用した場合、85%が避妊に成功するといわれています。

逆に言えば、100%確実に避妊効果があるというわけではありません。

ノルレボを飲んだからといって安心してしまうのではなく、次の月経予定日に生理がくることを、しっかりと確かめてから安心したいものです。

ノルレボを服用すると、消退出血というものがあるそうですが、少ないと確認しにくいケースもあります。

消退出血と、妊娠したときに出る着床出血とは、判断がしにくいので悩む女性も多いことでしょう。

そもそも着床出血とは、どういうものなのでしょうか。

着床出血は、子宮に受精卵が根を張ったとき、わずかですが子宮内膜が溶けることによって、茶色っぽいものが出るもののことです。

おりものに似ており、生理の予定日前後に少しだけ出ます。

本当の生理は、予定日前後ではなく予定日にきます。

色はさまざまで、茶色いおりもののようだったり、薄い色の血のようだったりします。

着床出血は妊娠をしているときに出るので、検査薬を使用すると、陽性反応が出ます。

着床出血ではなく通常の生理の場合は、検査薬を試しても陰性反応です。

月経でしたら、色がもっと濃く、出欠のある期間は5日~7日くらい続くでしょう。

着床出血が出る量が、月経に比べてかなり少ないですし、一般的には2日~3日程度、短い場合は1日、長くても7日です。

妊娠をしたとしても、着床出血が確認できない女性の方が多いようです。

ノルレボを利用するということは、妊娠してしまったのではないかと不安な気持ちがあるので、消退出血と着床出血の違いなど、見慣れていないこともあって判断付きにくいでしょう。

本当はノルレボでの緊急避妊が実を結んで消退出血が出ているのに、着床出血と誤解をして、不安な日々を送っている方もいるかもしれませんね。

不安なことや利用する薬に関してわからないことがあれば、理解できるまで医師に相談してみてください。


>>ノルレボの正規品を安心して購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ